Manji Project

About Us 卍プロジェクトについて

肥沃な日本近代文学の土壌に根差し、クラシック音楽史で日本語の地位を向上させ得る、厳しい芸術作品であると同時に極上のエンターテインメントでもある、字幕なしでも日本の聴衆が心から楽しめる、本当に歌い継がれる日本語オペラを生み出したい。その願いとともに、実力派の歌手たちと作曲家が中心となって、私たち、卍プロジェクトはスタートしました。

2017年11月、室内オペラ版『卍』(谷崎潤一郎・原作)を初演。評論家、音楽学者のみならず、一般の聴衆から異例とも言える熱狂的な支持を受け、わずか半年後の2018年5月には再演。2018年12月には2作目となる『瘋癲老人日記』(同原作)を初演。3作目の計画中でコロナ禍に見舞われましたが、芸術文化を渇望する多くの人々に日本語新作オペラの魅力を届けるべく、日夜研鑽しています。

Aspiring composer Kenichi Nishizawa and established singers Yuri Shingu and Atsushi Okamoto started the Manji Project with the desire to create operas in Japanese rooted in the world of prolific modern Japanese literature. The Manji project says that making an opera is a demanding work of art as well as superb entertainment. They make sure the Japanese audience can genuinely enjoy an opera without subtitles and hopes they will live on from one generation to the next.

In November 2017, the Manji project premiered the chamber opera version of "Manji" (original novel by Junichiro Tanizaki). In December 2018, they premiered their second opera, "Diary of a mad old man" (also based on a novel by Tanizaki). Unfortunately, the world was hit by the Corona pandemic while they were planning their third opera. However, they are still determined, working day and night to bring exciting new Japanese operas to the many people who desire art and culture.

What's New 新着情報

06/01/2021 ウェブサイトを開設しました。

08/03/2021 オペラ「卍」管弦楽版初演 特設ページを開設しました。

08/30/2021 オペラ「卍」予約フォームManji Project通信ブログを開設しました。

卍プロジェクト公式SNSを開設しました。オペラ「卍」最新情報はリンク先をフォローしてください。

Trailer 作品紹介

Manji (Quicksand) Opera in 3 Acts

オペラ「卍」全3幕(2017年11月17日初演)

作曲・脚本:西澤健一 原作:谷崎潤一郎

キャスト:新宮由理(徳光光子/メゾ・ソプラノ)津山恵(柿内園子/ソプラノ)横山慎吾(柿内孝太郎/テノール)岡元敦司(綿貫栄次郎/バリトン)

弁護士・孝太郎の妻・園子は美術学校で出会った美しい羅紗問屋の娘・光子と禁断の恋に落ちた。だが、光子は婚約者・綿貫との関係を断とうにも断てずにいた。綿貫の嫉妬と策謀に踊らされた二人は逃避のためにある企てをする。が、それがきっかけで孝太郎までもが光子に恋をしてしまう。独占欲と猜疑心に苦しむ夫婦は身も心も光子に支配されていき――四人の男女が織りなす愛憎と破滅を描いた谷崎世界、オペラ化。(全三幕)

Sonoko, the wife of lawyer Kotaro, falls in love with the beautiful daughter of a wool wholesaler she meets at art school, Mitsuko. They start a forbidden love between girls relationship. However, Mitsuko is unable to break off her other relationship with her fiancé, Watanuki. At the mercy of Watanuki's jealousy and scheming, Mitsuko and Sonoko decide an escape plan. However, this eventfully leads to Kotaro also falling in love with Mitsuko. The married couple Sonoko and Kotaro suffer from possessiveness and suspicion, while they are being dominated both body and soul by Mitsuko. Now their four destinies are woven together in this excellent opera adaption of Tanizaki's world of love, hate, and destruction.

Diary of a mad old man - Opera buffa

オペラ「瘋癲老人日記」全2幕(2018年12月7日初演)

作曲・脚本:西澤健一 原作:谷崎潤一郎

キャスト:岡元敦司(督助/バリトン)新宮由理(颯子/メゾ・ソプラノ)津山恵(佐々木/ソプラノ)横山慎吾(春久/テノール)原千裕(千代/ソプラノ)森晴子(経助/子役)西村功貴(浄吉/俳優)藤田みか(陸子/女優)

「死んでも君に踏まれていたい…。」資産家として人生の晩年を迎え、人の営みの能力を失いながらもなお、息子の嫁・颯子の魅力に溺れる老人、督助。自分が気に入られていることを自覚している颯子には、輸入物のバッグを買わされたり、高価な猫目石を買わされたりと体よく扱われているが、督助は督助で、彼女の足に接吻しながら、死後この足の下に眠れたらどんなに幸せだろうかと夢想するのであった…。倒錯した性の喜びに潜む真摯な女性崇拝と、そんな老人のわがままが引き起こす家族のドタバタを描く谷崎晩年の喜劇、オペラ化。(全二幕) 

"Even when I die, I want you to step on me..." Tokusuke, a wealthy man, is in the last years of his life. Despite having lost his sex drive, he falls for the charms of his son's wife, Satsuko. Knowing that Tokusuke likes her, Satsuko takes advantage of it and makes Tokusuke buy her imported bags and expensive cat's-eye jewels. As the old man kisses her feet, he dreams of how happy he would be if he could sleep under her feet even after death. This comedy piece from the last years of Tanizaki's life depicts the sincere worship of women, hidden in perverse sexual pleasures and a family frenzy caused by the selfishness of a mad old man.

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

Member 主要メンバー

西澤健一/作曲&脚本 Composer & Librettist

新宮由理/メゾ・ソプラノ Mezzo soprano

岡元敦司/バリトン Bariton

Manji Project 卍プロジェクト

TEL: 03-6421-1206

manjiproject2017 [at] gmail.com (※[at]部分を@に直してください。)

Copyright (C) 2021 Manji Project all rights reserved.